手下(読み)てのした

精選版 日本国語大辞典「手下」の解説

て‐の‐した【手下】

〘名〙
① 手の内に持つように、完全に掌握すること。また、そのもの。自分のもの。また転じて、部下。てした。
※長門本平家(13C前)一二「西国は手の下に覚え候」
② 腕前。技量。
※浮世草子・新可笑記(1688)二「此武者(むしゃ)おのれらが手(テ)の下におよぶべき物か」
③ たちどころ。たちまち。「に」を伴って副詞的に用いる。
※謡曲・熊坂(1514頃)「この者どもを手の下に、討つは」
④ 目の下。眼下。すぐちかく。
応仁記(15C後)三「稲荷山の上の社に陣を取、伏見、〈略〉法性寺小路まで手の下に見て有ければ」

て‐した【手下】

〘名〙
① ある人の下で命令をうけ、行動する家来。配下。てさき。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)四「聚衆とは、天下の学者を聚て我が手したにをく也」
※籾井家日記(1582頃)六「毛利殿も織田殿の手下に成らせられ」
② (「てじた」とも) 劣っていること。低級であること。
※玉塵抄(1563)三七「吾より手じたな者ひっつれてどこへもつれそうたことぞ」

しゅ‐か【手下】

〘名〙
① 手の下。
※凌雲集(814)砂上印仏応製〈小野岑守〉「檀印一点玉沙上、尊容倐忽手下生」
② てした。部下。配下。くみした。
※読本・近江県物語(1808)三「今降を乞ひて、かれが手下(シュカ)となりなば、後々なり出でんも安かるべし」 〔志‐甘寧伝〕

て‐か【手下】

※雑俳・柳多留‐四一(1808)「義理わる息子善七が手下(テカ)にされ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「手下」の解説

【手下】しゆか

部下。てした。〔三国志、呉、甘寧伝〕後、瑜(しうゆ)に隨ひて曹)を烏林に破す。~時に手下に數百の兵り。新たに得る(あは)すも、かに千人に滿つるのみ。

字通「手」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android