快刀乱麻を断つ(読み)かいとうらんまをたつ

精選版 日本国語大辞典「快刀乱麻を断つ」の解説

かいとう【快刀】 乱麻(らんま)を断(た)

(もつれたをよく切れるで断ち切るから) もつれた物事、紛糾した物事を、みごとに処理することのたとえ。快刀乱麻
※我邦現今の文芸界に於ける批評家の本務(1897)〈高山樗牛〉「今の大胆なる批評家は一言決し去りて快刀乱麻を断つのあり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「快刀乱麻を断つ」の解説

快刀かいとう乱麻らんま・つ

よく切れる刀で、もつれた麻を切る。もつれた事柄を、もののみごとに処理することのたとえ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android