コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

念珠藻 ネンジュモ

デジタル大辞泉の解説

ねんじゅ‐も【念珠藻】

ネンジュモ科の藍藻(らんそう)の総称。約1ミリの細胞が糸状につながって寒天質に包まれ、数珠(じゅず)を思わせる。淡水中に生育するものが多く、カワゴロモなど食用とされるものもある。じゅずも。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ねんじゅも【念珠藻】

藍藻類ユレモ目の淡水藻の総称。淡水中や湿地上に生育する。糸状の細胞列が多数集まって寒天質に包まれ、群体をつくる。カワタケ・イシクラゲなどは食用になる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

念珠藻の関連キーワード淡水藻群体