コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思い続ける オモイツヅケル

デジタル大辞泉の解説

おもい‐つづ・ける〔おもひ‐〕【思い続ける】

[動カ下一][文]おもひつづ・く[カ下二]
いつまでもそのことを思う。いつも考える。「亡き子を―・ける」
思いを歌の形で表す。述懐する。
「ある女房、君かくれさせ給ひぬと承って、かうぞ―・けける」〈平家・六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おもいつづける【思い続ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 おもひつづ・く
考え続ける。 「必ず帰ってくると-・けてきた」
いちずに心の中で恋い慕う。 「初恋の女性を-・ける」
感慨を歌の形にして表現する。 「ある女房、君隠れさせ給ひぬと承つて、かうぞ-・けける/平家 6

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

思い続けるの関連キーワード年・念・捻・然・燃・稔・粘漢方の食事で元気になるインド哲学/用語思ひ明かす思ひ連ぬ思ひ歩く思ひ思ふ思ひ渡るつづ徒然

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

思い続けるの関連情報