思物(読み)おぼしものす

精選版 日本国語大辞典の解説

おぼし‐もの・す【思物】

〘他サ変〙 (「おぼし」は動詞「おもう(思)」の尊敬語「おぼす」の連用形。「ものす」は動作や存在の意を表わす動詞の代わりに用いる) お思いになる。
※源氏(1001‐14頃)宿木「すこしも、たがひめありて、心かろくもなどおぼしものせんに、いとあしく侍りなん」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

思物の関連情報