コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒助法親王(2) こうじょほうしんのう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恒助法親王(2) こうじょほうしんのう

?-? 南北朝時代,恒明(つねあき)親王の王子。
亀山天皇の孫。道意に師事,京都仁和(にんな)寺相応院にはいり,永和2=天授2年(1376)親王宣下をうけた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例