コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恬子内親王 てんしないしんのう

3件 の用語解説(恬子内親王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恬子内親王 てんしないしんのう

?-913 平安時代前期-中期,文徳(もんとく)天皇の皇女。
母は紀静子(きの-しずこ)。貞観(じょうがん)元年伊勢斎宮となる。18年清和天皇が譲位したため退任した。延喜(えんぎ)13年6月18日死去。名は「かっし」ともよむ。

恬子内親王 かっしないしんのう

てんしないしんのう

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

恬子内親王

没年:延喜13.6.8(913.7.14)
生年:嘉祥1(848)
平安前期の伊勢斎宮。「やすこ」とも。文徳天皇と紀静子の皇女。貞観1(859)年12歳で斎宮に卜定され,同18年退下。『伊勢物語』に勅使在原業平と一夜契ったとあり,そのためのちに高階師尚を出産したとの伝説が流布したが,これが史実か否かを巡っては論争がある。<参考文献>「恬子内親王」(『角田文衛著作集』5巻)

(服藤早苗)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

恬子内親王の関連キーワードシメオン[1世]ブルガリア帝国日本十進分類法(NDC)保育所の民営化源満仲カッセル新撰万葉集恬子内親王源光日野 プロフィア

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone