恭愍王陵(読み)きょうびんおうりょう(英語表記)Kong‐min‐wang‐nūng

世界大百科事典 第2版の解説

きょうびんおうりょう【恭愍王陵 Kong‐min‐wang‐nūng】

朝鮮民主主義人民共和国開城地区開城市にある高麗王室の代表的な陵墓。1916年に調査された。鳳鳴山より南に延びる丘陵の中腹にあって南面する。丘陵が陵の左右に突出するので,3方が小丘陵に包まれたような景観を示す。恭愍王の正陵と,約65cm離れて西側に,高麗末期(14世紀後半)に恭愍王が亡妃のために造営した玄陵が並ぶ。陵の内部は横穴式石室と思われる。王,王妃の陵は同じ墓域にあって,長方形の3段につくるが,外部装飾が顕著である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android