恵方巻(き)/吉方巻(き)(読み)エホウマキ

デジタル大辞泉の解説

えほう‐まき〔ヱハウ‐|エハウ‐〕【恵方巻(き)/吉方巻(き)】

節分の日に、その年の恵方を向いて食べる太巻き寿司。心の内願い事をしながら黙って食べると願い事がかなうという。
[補説]大阪地方の習慣であるが、平成12年(2000)ごろから全国に広がった。大阪地方では単に「巻き寿司」とよぶことが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android