コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恵方 えほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恵方
えほう

吉方とも書く。古くは正月の歳神 (としがみ) の来臨する方向をいった。陰陽道が入ってのちは,その年の歳徳神 (としとくじん) ,恵方神がおり,たたり神のめぐってこない最もよい方向とされた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

え‐ほう〔ヱハウ|エハウ〕【恵方/吉方】

その年の十干(じっかん)によって定められる、最もよいとされる方角。その方向に歳徳神(としとくじん)がいるとされる。吉方(きっぽう)。明(あ)きの方(かた)。 新年》「ひとすぢの道をあゆめる―かな/青畝
[補説]恵方一覧
恵方方角西暦換算
甲(きのえ)寅卯の間、甲の方位およそ東北東下一桁が4の年
乙(きのと)申酉の間、庚の方位およそ西南西下一桁が5の年
丙(ひのえ)巳午の間、丙の方位およそ南南東下一桁が6の年
丁(ひのと)亥子の間、壬の方位およそ北北西下一桁が7の年
戊(つちのえ)巳午の間、丙の方位およそ南南東下一桁が8の年
己(つちのと)寅卯の間、甲の方位およそ東北東下一桁が9の年
庚(かのえ)申酉の間、庚の方位およそ西南西下一桁が0の年
辛(かのと)巳午の間、丙の方位およそ南南東下一桁が1の年
壬(みずのえ)亥子の間、壬の方位およそ北北西下一桁が2の年
癸(みずのと)巳午の間、丙の方位およそ南南東下一桁が3の年

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

恵方【えほう】

吉方,兄方とも書く。運勢判断において吉(きち)をもたらすとされる方角。年の干支(えと)により毎年異なり,個人的には生年月日の干支により異なる。明きの方ともいい,歳徳神(としとくじん)がその方角からくるとして,恵方棚(えほうだな)を設け吉祥を祈る。
→関連項目帯解禁忌(民俗)方位

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恵方
えほう

陰陽道(おんみょうどう)に基づく方角の吉凶をいう俗信。吉方とも書き、明方(あきのかた、あきほう)ともいう。十干(じっかん)十二支の組合せによってその年の恵方を決める。陰陽道で歳徳神(としとくじん)のつかさどる方角をいったものであるが、日本では正月に歳神(としがみ)が訪れてくる方角と理解し、門松迎えには自分の山でなくとも、恵方の山から自由に切ってきてよいといったり、鍬(くわ)初めなどの仕事始めに際しても、恵方の田畑で儀式を行う。元日の朝早く牛小屋を見回り、そのとき牛の向いていた方角を恵方とする例もある。年の初めにあたって、その方角にある神社や寺に参拝するのを恵方参(えほうまい)りという。朝暗いうちから出かけ、人より先に行ってお札(ふだ)を頂いて帰ってくる。現在は、村氏神に参る初詣(はつもう)でと混同し、恵方の社寺に初詣でをしたり、また、社寺や交通業者の宣伝もあって、方角などには関係なく、有名な社寺に参ることが多い。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

恵方の関連キーワード乗り合い船・乗合い船鳥羽屋里長(3世)恵方巻き・恵方巻桜田治助(3代)桜田治助(3世)恵方巻き胞衣納め山号寺号恵方参り節藁仲貫御祝儀物矢の根恵方巻初詣で塞がり乗合船歳徳棚鍬初め揉み鬮明方

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恵方の関連情報