恵方(読み)エホウ

デジタル大辞泉 「恵方」の意味・読み・例文・類語

え‐ほう〔ヱハウ|エハウ〕【恵方/吉方】

その年の十干じっかんによって定められる、最もよいとされる方角。その方向歳徳神としとくじんがいるとされる。吉方きっぽうきのかた 新年》「ひとすぢの道をあゆめる―かな/青畝
[補説]恵方一覧
恵方方角西暦換算
きのえ寅卯の間、甲の方位およそ東北東下一桁が4の年
きのと申酉の間、庚の方位およそ西南西下一桁が5の年
ひのえ巳午の間、丙の方位およそ南南東下一桁が6の年
ひのと亥子の間、壬の方位およそ北北西下一桁が7の年
つちのえ巳午の間、丙の方位およそ南南東下一桁が8の年
つちのと寅卯の間、甲の方位およそ東北東下一桁が9の年
かのえ申酉の間、庚の方位およそ西南西下一桁が0の年
かのと巳午の間、丙の方位およそ南南東下一桁が1の年
みずのえ亥子の間、壬の方位およそ北北西下一桁が2の年
みずのと巳午の間、丙の方位およそ南南東下一桁が3の年

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「恵方」の意味・読み・例文・類語

え‐ほう‥ハウ【恵ヱ方・兄方・吉方】

  1. 〘 名詞 〙 その年の縁起のよい方角。八卦法(はっかほう)による生気(しょうげ)・養者(ようじゃ)の方角。その第一は生気方で、養者方がそれに準じた。また、歳徳神(としとくじん)の宿る方角。明きの方。《 季語・新年 》
    1. [初出の実例]「いとよきことなり、てんげのえほうにもまさらん」(出典:蜻蛉日記(974頃)中)
    2. 「商人(あきうど)元日に恵方(エハウ)より持ち来たる若夷(わかえびす)を迎へんと思ひ」(出典:咄本醒睡笑(1628)一)

恵方の語誌

( 1 )近世以降「恵方」の表記が一般化した。
( 2 )平安朝文献の「吉方」の表記は「よきかた・よきほう」などと訓読された可能性も強く、「えほう」の確証とする資料に乏しい。〔疑問仮名遣

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「恵方」の意味・わかりやすい解説

恵方
えほう

陰陽道(おんみょうどう)に基づく方角の吉凶をいう俗信。吉方とも書き、明方(あきのかた、あきほう)ともいう。十干(じっかん)十二支の組合せによってその年の恵方を決める。陰陽道で歳徳神(としとくじん)のつかさどる方角をいったものであるが、日本では正月歳神(としがみ)が訪れてくる方角と理解し、門松迎えには自分の山でなくとも、恵方の山から自由に切ってきてよいといったり、鍬(くわ)初めなどの仕事始めに際しても、恵方の田畑で儀式を行う。元日の朝早く牛小屋を見回り、そのとき牛の向いていた方角を恵方とする例もある。年の初めにあたって、その方角にある神社や寺に参拝するのを恵方参(えほうまい)りという。朝暗いうちから出かけ、人より先に行ってお札(ふだ)を頂いて帰ってくる。現在は、村氏神に参る初詣(はつもう)でと混同し、恵方の社寺に初詣でをしたり、また、社寺や交通業者の宣伝もあって、方角などには関係なく、有名な社寺に参ることが多い。

[井之口章次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア 「恵方」の意味・わかりやすい解説

恵方【えほう】

吉方,兄方とも書く。運勢判断において吉(きち)をもたらすとされる方角。年の干支(えと)により毎年異なり,個人的には生年月日の干支により異なる。明きの方ともいい,歳徳神(としとくじん)がその方角からくるとして,恵方棚(えほうだな)を設け吉祥を祈る。正月には恵方参りといって恵方にある神社仏閣に参る。
→関連項目帯解禁忌(民俗)方位

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「恵方」の意味・わかりやすい解説

恵方
えほう

吉方とも書く。古くは正月の歳神 (としがみ) の来臨する方向をいった。陰陽道が入ってのちは,その年の歳徳神 (としとくじん) ,恵方神がおり,たたり神のめぐってこない最もよい方向とされた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android