コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恵灌 えかん

2件 の用語解説(恵灌の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恵灌 えかん

?-? 高句麗(こうくり)(朝鮮)の僧。
隋(ずい)(中国)にいき嘉祥寺の吉蔵に三論をまなぶ。推古天皇33年(625)高句麗王の命をうけて来日。大和(奈良県)元興(がんごう)寺にはいり僧正となる。日本にはじめて三論宗をつたえた。のち河内(かわち)(大阪府)に井上(いかみ)寺を創建したという。慧灌,恵観ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

恵灌

生年:生没年不詳
7世紀の高句麗の僧。恵観,慧灌とも書く。隋に行き嘉祥大師吉蔵に三論宗を学んだ。推古33(625)年,高句麗国王に推挙されて来日し,勅により元興寺(奈良県明日香村飛鳥寺)に止住し,三論宗を伝えた。僧正補任時に2説ある。ひとつは推古朝(593~628)説で,『元亨釈書』には来日した年の夏に旱魃があり,三論を講じて祈雨し雨を降らせた功によるという。他は孝徳朝(645~54)説で,これは『三国仏法伝通縁起』『東大寺要録』に基づいており,天皇に三輪を講じ,講説が終わった日に僧正に任じられたとする東大寺に伝わる伝説である。また井上寺を創めたとか,禅林寺(奈良県当麻町の当麻寺)の落慶導師を勤めたとされる。吉蔵の三論宗を伝えたという意味で,日本における三論宗の第一伝といわれる。

(松木裕美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恵灌の関連キーワード大祚栄高句麗(コグリョ/こうくり)壁画古墳慧慈高句麗もくり遁げる蒙古高句麗慧聡美女媛吉備海部難波僧隆道顕(1)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone