コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

情報格差 じょうほうかくさ

4件 の用語解説(情報格差の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

情報格差

コンピューターで扱うデジタル情報を持つ人と持たない人との間で生じている格差と、それによって生じる問題のこと。「デジタルデバイド」ともいう。1990年代以降、先進国ではITを当然の前提として社会システムの基盤を作り上げる風潮が強まった。それにともなって、パソコンなどの情報機器を持たなかったり、持っていても使用できない人々には、そのことが社会的な不利として働くようになった。IT化が進展することに並行して、ITを使えないために、手に入るはずの利益を逃したり、回避できるはずの損害を被ったりすることが新たな問題として現れている。アメリカではすでにデジタルデバイドの解消に向けて、労働者のためのパソコン教育、障害者のためのインターフェイス環境の整備が進んでいる。日本でも今や解決すべき社会問題となりつつあり、情報格差は国内の問題にとどまらず、発展途上国と先進国の間の問題でもある。情報環境が整備されていない国が市場競争で遅れをとる「南北の格差」をさらに拡大する危惧も生じている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じょうほう‐かくさ〔ジヤウホウ‐〕【情報格差】

デジタルデバイド

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典の解説

じょうほうかくさ【情報格差】

デジタルデバイド。⇒デジタルデバイド

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じょうほうかくさ【情報格差】

所有する、あるいは入手できる情報の質・量から生じる格差。また、その格差によってもたらされる経済的・社会的格差。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の情報格差の言及

【コミュニケーション】より

…しかも,こういう憂慮すべき事態への無関心も広がって,コミュニケーションを通しての共通理解,共同関係の形成という理想の実現にはほど遠い。
[情報格差]
 情報化社会の到来のなかで,情報格差はあちこちでむしろ拡大の傾向を示している。1970年代後半から,主として第三世界が新世界情報コミュニケーション秩序の形成を訴えている。…

※「情報格差」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

情報格差の関連キーワードデータデジタル家電デジタルコンテンツBitハイブリッドコンピューターコンピューターフォレンジックデジタルデータデジタルコミュニケーション日経コンピュータ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

情報格差の関連情報