愁嘆場・愁歎場(読み)しゅうたんば

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅうたん‐ば シウタン‥【愁嘆場・愁歎場】

〘名〙
① 芝居で、嘆き悲しむ所作のある場面。愁嘆
人情本・春色恵の花(1836)二「加賀八太夫が中音にて、落をとったる愁たん場、その浄瑠璃は左の通り」
② 嘆き悲しむ場面。悲劇的な場面。愁嘆。
※人情本・春色辰巳園(1833‐35)三「姉妹とてもおよびなき、信身辛気の愁歎場(シウタンバ)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android