中音(読み)チュウオン

世界大百科事典 第2版の解説

日本の音楽理論用語。分野ごとにいろいろの意味で用いられている。まず声明(しようみよう)の講式では,二重から初重(しよじゆう)に戻るところに挿入されるシラビックな旋律様式の部分をいう。また天台声明では,拍節的リズムのうち3拍子を中音といい,真言声明では,ア列とオ列の中間的な発音を〈ダドの中音〉などと称している。平曲では,引きの一つで,初重や三重(さんじゆう)とともに一つ一つの音をメリスマ的(装飾的声楽様式の一つ)に長く引きながら,きわめて音楽的に演唱するもので,音域が初重と三重の中間にある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① あまり高くも低くもない、中くらいの高さの音。中くらいの声。
※わらんべ草(1660)二「右是は、字の上音、中音、下音の正也」
② 平家琵琶の曲節の一つ。中程度の音域で詠嘆的に節あしらいを細かく幽玄に歌うところ。
※西海余滴集(17C前か)「中音は是五尺菖蒲 たけたかうして涼しく清すべし」
③ 音楽で、中程度の高さを示す音域の音。女声または楽器のアルトに属するものの音。中高音。アルト。〔楽典初歩(1888)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の中音の言及

【平曲】より

…拾イ類の曲節を多く含む句が〈拾イ物〉とよばれる。(5)フシ類(三重(さんじゆう)・中音(ちゆうおん)・初重(しよじゆう)など) ユリをたっぷりきかせ,最も旋律的な曲節。美文調の部分に多く用いられる。…

※「中音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中音の関連情報