春色辰巳園(読み)シュンショクタツミノソノ

世界大百科事典 第2版の解説

しゅんしょくたつみのその【春色辰巳園】

人情本。為永春水作,歌川国直画。初編1833年(天保4),2編34年,3・4編35年刊。全4編12冊。丹次郎をめぐる米八・仇吉の恋の達引きをテーマとした《春色梅児誉美(しゆんしよくうめごよみ)》の続編である。深川の料理屋で落ち合った米八と仇吉は情人丹次郎のことで争うが,ある日仇吉と丹次郎とが忍び逢っているのを米八に目撃され,2人は大喧嘩となる。そののち仇吉は病気になり,高利貸に苦しめられるが,恋敵の米八が救ってやったことから姉妹のように睦まじくなり,正妻のお長と米八,仇吉の3人は,丹次郎を大切に仲よく暮らす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅんしょくたつみのその【春色辰巳園】

人情本。四編一二冊。為永春水作。歌川国直絵。1833~35年刊。「春色梅児誉美」の続編。芸者米吉・仇吉の丹次郎に対する恋の鞘さや当てを通じて、「いき」「はり」の世界を描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅんしょくたつみのその【春色辰巳園】

人情本。四編一二冊。為永春水作。歌川国直画。天保四~六年(一八三三‐三五)刊。「春色梅児誉美」の後続作品。「いき」「はり」を具体化する登場人物の行為の中で、春水独特の人情描写を行なう。「春色梅児誉美」と並ぶ、人情本の傑作の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android