コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春色辰巳園 シュンショクタツミノソノ

デジタル大辞泉の解説

しゅんしょくたつみのその【春色辰巳園】

人情本。4編12冊。為永春水作。天保4~6年(1833~35)刊。「春色梅児誉美」の続編で、米八と仇吉の恋争いと和解とを描く。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゅんしょくたつみのその【春色辰巳園】

人情本。為永春水作,歌川国直画。初編1833年(天保4),2編34年,3・4編35年刊。全4編12冊。丹次郎をめぐる米八・仇吉の恋の達引きをテーマとした《春色梅児誉美(しゆんしよくうめごよみ)》の続編である。深川の料理屋で落ち合った米八と仇吉は情人丹次郎のことで争うが,ある日仇吉と丹次郎とが忍び逢っているのを米八に目撃され,2人は大喧嘩となる。そののち仇吉は病気になり,高利貸に苦しめられるが,恋敵の米八が救ってやったことから姉妹のように睦まじくなり,正妻のお長と米八,仇吉の3人は,丹次郎を大切に仲よく暮らす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゅんしょくたつみのその【春色辰巳園】

人情本。四編一二冊。為永春水作。歌川国直絵。1833~35年刊。「春色梅児誉美」の続編。芸者米吉・仇吉の丹次郎に対する恋の鞘さや当てを通じて、「いき」「はり」の世界を描く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

春色辰巳園の関連キーワード為永春水(初代)初代為永春水人情本

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春色辰巳園の関連情報