愚公(読み)グコウ

大辞林 第三版の解説

ぐこう【愚公】

「列子湯問」に登場する中国古代の伝説上の人物。家の前に二つの大山があり、出入りに不便であったため、家族とともに山を移し始めた。智叟ちそう(利口者)がその愚かさを嘲笑したが、意に介さず、天帝はその志に感じて山を移動させたという。
[句項目] 愚公山を移す

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐ‐こう【愚公】

(おろかな男の意) 「列子」の湯問に見える中国の伝説上の人物。
※玉塵抄(1563)一五「愚公と云者山にうちむいて、不断いて山がつかゑてうったうしいと云てきらいにくんだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android