愚公山を移す(読み)グコウヤマヲウツス

  • ぐこう
  • 山(やま)を移(うつ)す
  • 愚公
  • 愚公(ぐこう)山を移す

デジタル大辞泉の解説

どんなに困難なことでも努力を続ければ、やがては成就するというたとえ。
[補説]愚公という老人が、交通便をよくするために一族自宅の前にあるを崩しはじめた。これを見た人が、その愚かさを笑ったのに対し、愚公は、子々孫々続ければいつかは成功すると答えた。そのに感じた天帝一夜で山を移させたという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愚直であっても、たゆまず努力すれば、大事業といえどもなしえないことはないとのたとえ。昔、中国の黄河下流の北岸に太形(たいけい)、王屋という二つの高山があり、その麓(ふもと)に90歳近い老人北山(ほくざん)愚公が住んでいた。交通を妨げているこの山を移そうと思い、子供たち4人と掘り取った土を渤海(ぼっかい)湾まで運んで1往復したら、1年の月日がたっていた。友人で知恵者の知叟(ちそう)が笑ってそれを止めたところ、愚公は「私は一人でも、子も孫もいる。代々子々孫々に及べば、人は絶えない。しかも山はこれ以上高くなることはないのだから、心配は無用だ」と答えた。蛇を操る神が老人の意気に恐れをなし、天帝に申し上げたところ、天帝は愚公の誠心に感じて、この二つの山をよそに運んでこの地を平地にしたとある、『列子』「湯問篇(とうもんへん)」の故事による。

[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

(中国の寓話。昔、愚公という者が、行き来の障害になっていた山を他に移そうとして、永年努力したため、神がその志に感じて山を移した、という「列子‐湯問」に見える話から) 怠らず努力すれば大きな事業も成就するというたとえ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

怠らず努力すれば、どんな大きな事業も成し遂げられることのたとえ。

[使用例] なあ池田、君も僕も決して利口じゃない、愚公だよ、愚公は愚公らしく根気よく勉強するほうがいい[佐藤紅緑一直線|1930~31]

[由来] 「列子とうもん」に見える伝説から。昔、ある高い山のふもとに、愚公という九〇歳近いお年寄りが住んでいました。あるとき、彼は、通行のさまたげになるのでその山を平らにしてしまおう、と考え、少しずつ崩し始めました。近所の人に、そんな気の遠くなるようなことはできるはずがない、と言われても、「私が途中で死んでも、子孫たちがこの仕事を受け継いでいけば、いつかは完成することだろうよ」という答え。愚公の堅い決意を知った神は、その山をほかへと移してしまった、ということです。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android