コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愚公山を移す グコウヤマヲウツス

デジタル大辞泉の解説

愚公(ぐこう)山を移す

どんなに困難なことでも努力を続ければ、やがては成就するというたとえ
[補説]愚公という老人が、交通の便をよくするために一族で自宅の前にある山を崩しはじめた。これを見た人が、その愚かさを笑ったのに対し、愚公は、子々孫々続ければいつかは成功すると答えた。その志に感じた天帝が一夜で山を移させたという。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐこうやまをうつす【愚公山を移す】

愚かな者でも怠らず努力すれば、大事をなしとげることができるというたとえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

愚公山を移す
ぐこうやまをうつす

愚直であっても、たゆまず努力すれば、大事業といえどもなしえないことはないとのたとえ。昔、中国の黄河下流の北岸に太形(たいけい)、王屋という二つの高山があり、その麓(ふもと)に90歳近い老人北山(ほくざん)愚公が住んでいた。交通を妨げているこの山を移そうと思い、子供たち4人と掘り取った土を渤海(ぼっかい)湾まで運んで1往復したら、1年の月日がたっていた。友人で知恵者の知叟(ちそう)が笑ってそれを止めたところ、愚公は「私は一人でも、子も孫もいる。代々子々孫々に及べば、人は絶えない。しかも山はこれ以上高くなることはないのだから、心配は無用だ」と答えた。蛇を操る神が老人の意気に恐れをなし、天帝に申し上げたところ、天帝は愚公の誠心に感じて、この二つの山をよそに運んでこの地を平地にしたとある、『列子』「湯問篇(とうもんへん)」の故事による。[田所義行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android