コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愚渓智至 ぐけい ちし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

愚渓智至 ぐけい-ちし

?-? 南北朝-室町時代の僧。
臨済(りんざい)宗。竜泉令淬(りゅうせん-りょうずい)の法をつぐ。筑前(ちくぜん)(福岡県)承天寺,京都の万寿寺,楞伽(りょうが)寺の住持をつとめる。至徳元=元中元年(1384)から明徳2=元中8年(1391)の間に性海霊見(しょうかい-れいけん)が虎関師錬(こかん-しれん)の「元亨(げんこう)釈書」を重刊したおり,編集に協力した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

愚渓智至の関連キーワード室町時代南北朝臨済

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android