コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎関師錬 こかんしれん

7件 の用語解説(虎関師錬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

虎関師錬
こかんしれん

[生]弘安1(1278).4.16. 京都
[没]正平1=貞和2(1346).7.24. 京都
鎌倉から南北朝時代臨済宗の僧,詩人。 10歳のとき比叡山で受戒し,南禅寺規庵祖円建仁寺の無隠法爾らに帰依するとともに,当時の名僧碩学に内外の典籍を学び,その博学は天下に鳴り響いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こかん‐しれん〔コクワン‐〕【虎関師錬】

[1278~1346]鎌倉末期から南北朝時代の臨済宗の僧。京都の人。東山湛照一山一寧らに師事、東山の法を継いだ。儒学・密教を学び、東福寺南禅寺などに歴住、東福寺に海蔵院を開創。五山文学の先駆者。著「元亨釈書」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

虎関師錬【こかんしれん】

鎌倉末〜南北朝期の臨済宗の学僧。師練とも記す。京都の人。比叡(ひえい)山で出家。諸国を訪れ一山一寧(いっさんいちねい)らに師事。東福寺,南禅寺,楞伽(りょうか)寺等に歴住。
→関連項目小弓荘五山文学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

虎関師錬 こかん-しれん

1278-1346 鎌倉-南北朝時代の僧。
弘安(こうあん)元年4月16日生まれ。臨済(りんざい)宗。京都の人。東山湛照(とうざん-たんしょう),規庵祖円,一山一寧(いっさん-いちねい)らに師事,東山の法をつぐ。密教をおさめ,儒学や詩文をまなぶなど幅ひろい分野に通じ,五山文学の先駆となった。京都の東福寺,南禅寺などの住持を歴任。貞和(じょうわ)2=興国7年7月24日死去。69歳。通称は海蔵和尚。諡号(しごう)は本覚(ほんがく)国師。著作に「元亨(げんこう)釈書」「済北集」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

こかんしれん【虎関師錬】

1278‐1346(弘安1‐正平1∥貞和2)
鎌倉末・南北朝初期の臨済宗の僧。五山文学,学問興隆の先駆者。京都に生まれ幼少より禅を修め,また儒学や密教をも学んだ。30歳のころ鎌倉で一山一寧(いつさんいちねい)に学び,帰京後1322年(元亨2)に僧伝を中心にした仏教書《元亨釈書(げんこうしやくしよ)》を著した。東福寺,南禅寺等の住持を経て,42年(興国3∥康永1)に国師号を与えられた。漢詩文集に《済北集》がある。【飯田 悠紀子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こかんしれん【虎関師錬】

1278~1346) 南北朝時代の臨済宗の僧。京都の人。虎関は号、師錬は諱いみな。一山一寧いつさんいちねいらに学び、東福寺・南禅寺などの住持となる。五山文学の先駆者。著「元亨げんこう釈書」「済北集」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

虎関師錬
こかんしれん
(1278―1346)

鎌倉・南北朝時代の臨済(りんざい)宗聖一(しょういち)派の僧。京都の人。8歳のとき山城(やましろ)(京都府)三聖寺の東山湛照(とうざんたんしょう)のもとで出家し、東山の寂後は南禅寺の規庵祖円(きあんそえん)に学んだ。ついで鎌倉に行き、桃渓徳悟(とうけいとくご)、蔵山順空(ぞうざんじゅんくう)、無為昭元(むいしょうげん)、一山一寧(いっさんいちねい)などに師事し、仏典や禅籍、儒書、詩文を学んで南宋士大夫(なんそうしたいふ)の学芸を身につけ、初期の代表的五山文学僧として唐宋八家に比された。また一山の啓発により日本最初の総合仏教史の編纂(へんさん)を企て、1322年(元亨2)『元亨釈書(げんこうしゃくしょ)』30巻を完成した。さらに東密(とうみつ)や台密(たいみつ)の相承(そうじょう)も受け、自らも密法を修する兼習禅者でもあった。初め京都・河東の歓喜光寺(かんぎこうじ)、白河の済北庵(さいほくあん)、伊賀の本覚寺を兼帯したが、32年(元弘2)東福寺に入院、39年(延元4・暦応2)南禅寺に昇住、41年に東福寺海蔵院に退居したので海蔵和尚(おしょう)とよばれる。翌42年本覚国師の号を特賜された。46年7月23日示寂。著書はほかに、『禅儀外文(げもん)集』『聚分韻略(しゅうぶんいんりゃく)』のような四六文の作法や韻書、『済北(さいほく)集』『十禅支録(じゅうぜんしろく)』などの詩文集や語録のほか、『仏語心論』『禅余或問(わくもん)』など多数ある。[石川力山]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の虎関師錬の言及

【漢詩文】より

…【川口 久雄】
【中世】
 中世の漢文学の主流は,何といっても五山禅僧の作品である。鎌倉時代の作者には虎関師錬(こかんしれん),雪村友梅(せつそんゆうばい),中巌円月(ちゆうがんえんげつ)がある。虎関師錬は一山一寧(いつさんいちねい)より学んだので,やや古風な作風を有するが,雪村は在元22年の長きにわたり,中国人の文脈句法を体得した人であり,中巌円月は在元の期間は雪村友梅ほど長くないが,その文脈句法の体得は雪村以上で,とくに四六文の学習に力を注いだ人である。…

【元亨釈書】より

…30巻。虎関師錬著。師錬は初期の五山文学を代表する詩僧で,東福寺,南禅寺などの住持をつとめた。…

【辞書】より

…漢字1字ごとに,片仮名で音訓を示した平易なもので,以後広く行われた。 韻引きのものでは,虎関師錬(こかんしれん)が《聚分韻略》を著した。嘉元4年(1306)と記した序があり,まもなく開板流布したものとみられる。…

【和算】より

…室町時代になると,数学遊戯に類する問題がよく行われた。虎関師錬の《異制庭訓往来》には,〈十不足〉〈百五減〉〈盗人隠〉〈左々立(ささだて)〉などの碁石を使って遊べる遊戯が並べられている。《簾中抄(れんちゆうしよう)》には,〈継子立〉と〈目付字(めつけじ)〉の記事がある。…

※「虎関師錬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

虎関師錬の関連キーワード世尊寺伊俊向阿雲山智越覚尊定助(2)末兼千峰本立道玄(2)南部政行良暁(2)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone