愛と死をみつめて

デジタル大辞泉プラスの解説

愛と死をみつめて

1964年公開の日本映画。監督:斎藤武市、原作大島みち子、河野実、脚色八木保太郎。出演:浜田光夫、吉永小百合笠智衆、原恵子、内藤武敏、滝沢修、北林谷栄ほか。難病により余命わずかなヒロイン青年純愛を描く。第19回毎日映画コンクール脚本賞受賞。

愛と死をみつめて

日本のポピュラー音楽は女性歌手、青山和子。1964年発売。作詞:大矢弘子、作曲:土田啓四郎。第6回日本レコード大賞受賞。同名のベストセラー書籍を歌にした作品。同年公開の同タイトル映画では主演の吉永小百合が、また2006年にテレビ朝日系で放送されたドラマではJ-POPユニットのDREAMS COME TRUEが同曲を歌っている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛と死をみつめての関連情報