コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八木保太郎 やぎ やすたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八木保太郎 やぎ-やすたろう

1903-1987 昭和時代の脚本家。
明治36年2月3日生まれ。大正15年日活にはいり,内田吐夢(とむ)監督の「人生劇場」「限りなき前進」などの脚本をかいて昭和11-15年の文芸映画全盛期をになった。戦後の代表作に「山びこ学校」「人間の壁」など。昭和62年9月8日死去。84歳。群馬県出身。日本映画俳優学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

八木保太郎の関連キーワードこんな女に誰がした越後つついし親不知乳房を抱く娘たち愛と死をみつめて百万弗を叩き出せ自分の穴の中でこの母を見よ第五福竜丸水口 薇陽橋のない川奥村五百子わが愛の記日活(株)佐分利 信暴力の街阿部 豊小島の春日の果て生命の冠昭和時代

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android