コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛姫 めごひめ

朝日日本歴史人物事典の解説

愛姫

没年:承応2(1653)
生年:永禄12(1569)
安土桃山・江戸時代前期の武家の女性。伊達政宗の妻。陸奥国三春城(福島県田村郡)城主田村清顕の娘。清顕は,母が伊達氏,妻が相馬氏の出であったことから両者抗争の調停を行っていたが,天正7(1579)年,愛姫の婚姻により伊達氏との盟約を強化した。同14年,清顕の死後田村家に内紛が起こり,伊達家に従属。愛姫は嫡子忠宗のほか,松平忠輝の妻となる長女五郎八姫,宗綱,竹松丸を出産,同18年から人質として大坂に居住した。同年豊臣秀吉の正妻北政所の側近孝蔵主は愛姫の消息を,上さま(秀吉)や北政所さまも御ねんごろにしておられるので安心されるように,と政宗に伝えている。寛永13(1636)年に政宗と死別し,陽徳院と号した。墓所は仙台松島の陽徳院にある。

(西村圭子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

愛姫の関連キーワード松島(宮城県)垓下の戦い田村宗良覇王別姫周亮工呂不韋虞美人春申君茂陵傾城項羽垓下

愛姫の関連情報