愛媛県立松山東高等学校

デジタル大辞泉プラスの解説

愛媛県立松山東高等学校

愛媛県松山市にある県立高等学校。松山藩の藩校「明教館」を母体とし、1878年に愛媛県松山中学校として創立。1949年より現校名。愛媛県尋常中学校時代には夏目漱石が赴任しており、このときの体験をもとに小説「坊ちゃん」が書かれた。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android