コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛徳 あいとくcaritas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

愛徳
あいとく
caritas

カトリック神学で三対神徳 (信徳,望徳,愛徳) の一つとされるもの。新約聖書のなかにあるギリシア語の agapēの翻訳であるが,カトリック神学の概念としては,神の愛が人間に与えられるのに呼応した,神に対する人間の愛をいう。アウグスチヌスは,愛徳を人間を神へと統合させる徳とし,中世神学者,特にトマス・アクィナスは,愛徳を他のすべての徳の基礎であり根拠であるとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の愛徳の言及

【カリタス】より

…愛,神愛,愛徳などと訳す。〈神は愛である〉という信仰宣言のなかにキリスト教のすべてがふくまれているともいえるが,その〈愛〉(ギリシア語でアガペーagapē)のラテン語訳がカリタスである。…

※「愛徳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

愛徳の関連キーワードウィンケンチウス[パウロ]バンサン・ド・ポールサン・モール修道女会ルイージ キアレッリサン=モール修道会アウグスティヌス会美山(和歌山県)慈悲の友童貞会佐々木玩易斎花山院家厚政井マヤアガペートゥーレ岡本胡保カリタス前波弼成前村洞和ペギー

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愛徳の関連情報