慈悲の友童貞会(読み)じひのともどうていかい(英語表記)Filles de la charité (Puellae caritatis); Ancillae Pauperum Infirmorum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

慈悲の友童貞会
じひのともどうていかい
Filles de la charité (Puellae caritatis); Ancillae Pauperum Infirmorum

救貧,看護を主要任務として 1633年にマリヤックを院長としてビンセンシウス・ア・パウロ (→ウィンケンチウス) により創立された女子修道会。愛徳童貞会 (あるいは聖ビンセンシオの愛徳童貞会) ともいう。 55年パリ司教,68年教皇の認可を受ける。 65年からラザリスト会総会長の監督下におかれ,近代的慈善事業の形を確立した。 1933年日本に渡来,各地で福祉活動を行なっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android