コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慣性力発電 カンセイリョクハツデン

デジタル大辞泉の解説

かんせいりょく‐はつでん〔クワンセイリヨク‐〕【慣性力発電】

電磁誘導の原理を利用し、物体運動エネルギー電気エネルギーに変換する発電方式。磁石コイルを組み合わせることで、人体の運動や自動車の振動のほか、海の波などのランダムな動きから電気エネルギーを発生させることができる。振動発電

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android