コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振動発電 シンドウハツデン

デジタル大辞泉の解説

しんどう‐はつでん【振動発電】

振動による圧力を圧電素子により電気エネルギーに変換する発電方式。人が床上を歩行する際の振動を利用する発電床が実用化されている。
慣性力発電

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

振動発電
しんどうはつでん

人間の歩行や車両の走行などで生じる振動を利用して電気を生み出す技術。これまで放置されてきた身の回りのエネルギーを活用する仕組みで、省エネルギーの一環として民間企業が携帯電話、リモコン、各種センサー、無線通信機、小型照明の電源などとして開発を進めている。二酸化炭素を排出しない再生可能エネルギー発電の一種であり、太陽光・風力・潮力発電などに比べて発電装置が小型になるという特徴がある。
 振動による電極のズレを圧電素子を使って電力に変換する技術を用いることが多い。発電部品は数センチメートル角などと小さく、発電量は数ワットから数マイクロワットにとどまる。慶応義塾大学などが協力するベンチャー企業の音力発電は、人や車両が発生する振動のエネルギーを電気エネルギーに変換する「発電床」の量産を2012年(平成24)に開始。2014年にはオムロンが車両の走行で生じる振動で発電する部品のサンプル出荷を始めた。NTT(日本電信電話)は着用して歩くことで携帯機器を充電できる「発電靴」の実用化を目ざしている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

振動発電の関連キーワード発電(電力)日本電信電話直接発電

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

振動発電の関連情報