憂ふ/愁ふ/患ふ(読み)ウレウ

デジタル大辞泉の解説

うれ・う〔うれふ〕【憂ふ/愁ふ/患ふ】

[動ハ上二]
憂える1」に同じ。
「渡らひ心(=生計ヲ立テル意志)なかりけり。父、これを―・ひつつ思ふは」〈読・雨月・蛇性の婬〉
憂える3」に同じ。
「旅の空にこの疾(やまひ)を―・ひ給ふは」〈読・雨月菊花の約〉
[動ハ下二]うれえる」の文語形
[補説]は中世以降の用法。連用形「うれえ」が「うれい」に音変化し、その結果上二段化したものと考えられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android