コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成帯内性土壌 セイタイナイセイドジョウ

デジタル大辞泉の解説

せいたい‐ないせいどじょう〔‐ナイセイドジヤウ〕【成帯内性土壌】

気候以外の局所的な環境に対応して分布する土壌。石灰岩を母岩とする石灰質土壌や、水田のように人為による影響がある土壌などを指す。間帯性土壌。→成帯性土壌

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

成帯内性土壌
せいたいないせいどじょう

間帯土壌」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android