コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

間帯性土壌 カンタイセイドジョウ

デジタル大辞泉の解説

かんたいせい‐どじょう〔‐ドジヤウ〕【間帯性土壌】

成帯内性土壌

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

間帯性土壌

気候以外の母岩の特性や過湿などの局所的な土壌形成の要因に影響を受けて形成され発達した土壌.このために隣接している成帯性土壌とは性質を異にする.間帯性土壌は主な4種に分けられる.(a) 塩性土壌,(b) ハイドロモルフィック土壌,(c) 石灰質土壌,(d) 有機質土壌.[Ollier : 1969, Birkeland : 1974,木村ほか : 1973].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

間帯性土壌の関連キーワードプラノゾルレグール土間帯土壌レンジナ成熟土

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android