間帯性土壌(読み)かんたいせいどじょう(英語表記)intrazonal soil

岩石学辞典「間帯性土壌」の解説

間帯性土壌

気候以外の母岩特性や過湿などの局所的な土壌形成要因に影響を受けて形成され発達した土壌.このために隣接している成帯性土壌とは性質を異にする.間帯性土壌は主な4種に分けられる.(a) 塩性土壌,(b) ハイドロモルフィック土壌,(c) 石灰質土壌,(d) 有機質土壌.[Ollier : 1969, Birkeland : 1974,木村ほか : 1973].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

デジタル大辞泉「間帯性土壌」の解説

かんたいせい‐どじょう〔‐ドジヤウ〕【間帯性土壌】

成帯内性土壌

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android