コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成瀬氏 なるせうじ

世界大百科事典 第2版の解説

なるせうじ【成瀬氏】

尾張徳川氏の家老をつとめた家。二条良基から出,三河国足助荘成瀬郷に居住したという。正頼が松平清康に仕え,その子正一は長篠の戦などに功をたてた。正成が家康の臣僚から尾張家に付属されて以来,竹腰(たけのこし)氏と並び藩最高の両家年寄,いわゆる付家老(つけがろう)として藩政を統括し,代々隼人正に任じた。尾張国犬山城を預けられ,高は3万5000石。7代正寿は犬山藩独立運動,9代正肥(まさとも)は国事奔走で知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

成瀬氏の関連キーワード田辺藩〈紀伊国〉犬山[市]高田快清稲生ちか新宮藩尾張藩犬山市犬山

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

成瀬氏の関連情報