コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平清康 まつだいらきよやす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松平清康
まつだいらきよやす

[生]永正8(1511).三河
[没]天文4(1535).12.5. 尾張
戦国時代の武将。徳川家康の祖父。信忠の子。大永3 (1523) 年 13歳で家督を継ぎ,翌年西郷弾正左衛門尉信貞を攻めて安祥 (安城) から岡崎に入り,次いで西三河を平定享禄2 (29) 年牧野伝蔵ら4人兄弟のこもる吉田城を攻め落し,田原に押寄せて東三河も手中に収めた。その後,今川氏に属し天文2 (33) 年三河に進出した信濃の兵と井田野で戦ってこれを敗走させた。同4年 12月織田信秀を討つため尾張森山に陣をしいたが,家臣阿部弥七郎の誤解から不慮の死をとげた。この事件は一般に「森山崩れ」と呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平清康 まつだいら-きよやす

1511-1535 戦国時代の武将。
永正(えいしょう)8年9月生まれ。松平信忠(のぶただ)の長男。徳川家康の祖父。大永(たいえい)3年三河(愛知県)安城(祥)城主,翌年岡崎城主となり,以後三河の統一をすすめる。織田信秀(のぶひで)を討つため尾張(おわり)(愛知県)守山に出陣するが,天文(てんぶん)4年12月5日家臣阿部弥七郎に刺殺された(守山崩れ)。25歳。初名は清孝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

松平清康

没年:天文4.12.5(1535.12.29)
生年:永正8(1511)
戦国時代の武将。三河安城城主松平信忠の子。徳川家康の祖父に当たる。通称次郎三郎。祖先の由緒にちなみ源姓世良田氏を称したこともある。大永4(1524)年,安城から岡崎への進出を果たし,戦国大名への一歩を踏みだした。次いで西三河を制圧し,さらに東三河にも侵攻し,吉田城の牧野氏,田原城の戸田氏,さらに奥三河の山家三方衆(田峯城の菅沼氏,長篠城の菅沼氏,亀山城の奥平氏)を降し,三河をほぼ制圧することに成功した。ところが,天文4(1535)年,尾張守山城を攻めたとき,父を謀殺されたと誤解した家臣の阿部弥七郎に殺されてしまった。時に25歳であった。これを「守山崩れ」と呼んでいる。以後,家督を継いだ子の広忠の段階で,松平宗家は急速に衰退していった。

(小和田哲男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まつだいらきよやす【松平清康】

1511‐35(永正8‐天文4)
戦国時代の三河国の武将。徳川家康の祖父。通称次郎三郎,法名道甫。1523年(大永3)家督をつぎ,安城城主。翌年岡崎松平家を降して,本拠を岡崎に移す。西三河を制圧し東三河へ進出,田原戸田,牛久保牧野,山家三方衆らを服属させる。美濃の斎藤道三と結んで織田氏挟撃をはかり,35年12月尾張国守山に出陣したが,家臣に殺された。これを守山崩れという。【新行 紀一】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松平清康
まつだいらきよやす
(1511―1535)

戦国時代の武将。三河(みかわ)松平家7代目。安祥(あんじょう)城主のち岡崎城主。信忠(のぶただ)の子。徳川家康の祖父。1523年(大永3)信忠の隠退後、13歳で家督を継ぎ、以後三河統一に着手。24年には岡崎松平家の没落により岡崎城へ移り本拠とし、29年(享禄2)には吉田(よしだ)城、ついで田原(たはら)城を攻め東三河を平定。同年秋には尾張(おわり)へ進出し、品野(しなの)城・岩崎(いわさき)城を陥れ、その後31年までに小島(こじま)城・宇利(うり)城・伊保(いぼ)城を攻めたほか、三河を転戦し、その統一を進めていった。なお31年以降の清康の発給文書のうちに、新田(にった)流源氏の姓である「世良田(せらだ)」を名のったものがあるが、これは足利(あしかが)氏一門の今川氏に対抗するために清康が行った、系譜への政治的な粉飾であろう。しかし、35年(天文4)12月、織田信秀(のぶひで)と戦うため尾張守山(もりやま)へ出陣中、家臣の阿部弥七郎(やしちろう)に刺殺(守山崩れ)され発展は挫折(ざせつ)した。以後、領国は今川・織田氏の抗争地と化し、47年10月以降、孫の竹千代(たけちよ)(家康)は織田・今川氏のもとで人質生活を送ることになり、また子の広忠(ひろただ)は49年3月、家臣に刺殺され、今川氏の支配力が及ぶなど三河松平家は苦悩の時期を迎える。[久保田昌希]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

松平清康 (まつだいらきよやす)

生年月日:1511年9月7日
戦国時代の武将
1535年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の松平清康の言及

【松平氏】より

…庶家は桜井家をついだ信定をはじめ,福釜(ふかま)(親盛),青野(義春),藤井(利長)が分出したが,長親は嫡子信忠よりは信定を愛し,信忠が暗愚と伝えられる面もあって,一族・被官は2派に分かれて内紛がおこった。結局信忠は1520年代初めに家督を松平清康に譲り,三木(信孝),浅井(康孝)を分立させて隠居した。 13歳で家をついだ清康は,岡崎へ移って連年のごとく合戦を続け,三河統一をめざした。…

※「松平清康」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松平清康の関連キーワード牧野信成(1)大久保忠俊佐橋甚五郎大久保忠茂大河内元綱久世広長松平信孝模外惟俊松平親盛生年月日松平親次松平親乗鳥居忠吉松平重吉松平広忠酒井家次天野康景酒井正親松平信定植村氏明

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android