コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付家老 ツケガロウ

世界大百科事典 第2版の解説

つけがろう【付家老】

江戸時代,幕府から親藩たる三家・三卿に,また諸藩では本藩より支藩に,藩主・藩政の指導監督の目的で付けられた家老職。なかでも著名なものは三家の付家老で,尾張徳川氏の成瀬隼人正家(尾張国犬山,3万5000石),竹腰(たけのこし)山城守家(美濃国今尾,3万石),紀伊徳川氏の安藤帯刀家(紀伊国田辺,3万8000石余),水野対馬守家(紀伊国新宮,3万5000石余),水戸徳川氏の中山備前守家(常陸国松岡,2万5000石余)の5家を指す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

つけがろう【付家老】

江戸時代、幕府から親藩へまたは大名の本家から分家へ、監督・補佐のために派遣された家老。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

付家老
つけがろう

江戸時代、幕府が親藩に対し、また本藩が支藩に対し、施政を監督・指導するため遣わした家老。代表的なのは御三家(ごさんけ)の付家老で、尾張(おわり)家に付けられた成瀬(なるせ)氏(尾張犬山、3万5000石)、竹腰(たけのこし)氏(美濃(みの)今尾、3万石)、紀州家に付けられた安藤氏(紀伊田辺、3万8800石余)、水野氏(紀伊新宮(しんぐう)、3万5000石余)、水戸(みと)家に付けられた中山氏(常陸(ひたち)松岡、2万5000石)の5氏がある。代々の藩政を統轄し、格別な礼遇を与えられていた。近世後期には「御三家方御付」と題する武鑑が刊行されている。御三卿(ごさんきょう)(田安(たやす)、一橋(ひとつばし)、清水(しみず))の家老も幕府から付けられたが、これは御三家の世襲された付家老とは異なり、幕臣の一時的出向であった。[松尾美恵子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

付家老の関連キーワード田辺藩〈紀伊国〉水野忠幹(2)お琴の方(2)付け人・付人山中新左衛門田辺[市]新宮[市]武生[市]成瀬正肥石川数正水野忠央平岩親吉中山信正近藤浩斎高田快清成瀬正虎水野重仲竹腰正武鳥居成次中山信徴

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android