コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付家老 ツケガロウ

4件 の用語解説(付家老の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

つけ‐がろう〔‐ガラウ〕【付家老】

江戸時代、幕府から親藩に、または大名の本家から分家に、監督や補佐としてつけておいた家老付け人家老。付け人。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

つけがろう【付家老】

江戸時代,幕府から親藩たる三家・三卿に,また諸藩では本藩より支藩に,藩主・藩政の指導監督の目的で付けられた家老職。なかでも著名なものは三家の付家老で,尾張徳川氏の成瀬隼人正家(尾張国犬山,3万5000石),竹腰(たけのこし)山城守家(美濃国今尾,3万石),紀伊徳川氏の安藤帯刀家(紀伊国田辺,3万8000石余),水野対馬守家(紀伊国新宮,3万5000石余),水戸徳川氏の中山備前守家(常陸国松岡,2万5000石余)の5家を指す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

つけがろう【付家老】

江戸時代、幕府から親藩へまたは大名の本家から分家へ、監督・補佐のために派遣された家老。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

付家老
つけがろう

江戸時代、幕府が親藩に対し、また本藩が支藩に対し、施政を監督・指導するため遣わした家老。代表的なのは御三家(ごさんけ)の付家老で、尾張(おわり)家に付けられた成瀬(なるせ)氏(尾張犬山、3万5000石)、竹腰(たけのこし)氏(美濃(みの)今尾、3万石)、紀州家に付けられた安藤氏(紀伊田辺、3万8800石余)、水野氏(紀伊新宮(しんぐう)、3万5000石余)、水戸(みと)家に付けられた中山氏(常陸(ひたち)松岡、2万5000石)の5氏がある。代々の藩政を統轄し、格別な礼遇を与えられていた。近世後期には「御三家方御付」と題する武鑑が刊行されている。御三卿(ごさんきょう)(田安(たやす)、一橋(ひとつばし)、清水(しみず))の家老も幕府から付けられたが、これは御三家の世襲された付家老とは異なり、幕臣の一時的出向であった。[松尾美恵子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

付家老の関連キーワード家門御三卿御三家清水家親藩御達し下座見御簾中三卿清水重好

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

付家老の関連情報