コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

成田太郎 なりた たろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

成田太郎 なりた-たろう

1829-1883 幕末-明治時代の武士。
文政12年2月15日生まれ。備前岡山藩士。文久2年国事周旋方となる。元治(げんじ)元年禁門の変,慶応元年第1次幕長戦争に際し,藩主池田茂政(もちまさ)の意をうけて幕府・長州間の調停につくした。明治2年参政,権(ごんの)大参事。明治16年3月20日死去。55歳。名は元美(もとよし)。字(あざな)は美卿。号は秋佩(しゅうはい)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

成田太郎の関連キーワード明治時代成田秋佩

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android