我御寮・和御寮(読み)わごりょ

精選版 日本国語大辞典「我御寮・和御寮」の解説

わ‐ごりょ【我御寮・和御寮】

〘代名〙 (「わごりょう(我御寮)」の変化した語) 対称。対等もしくはそれ以下の相手に対して親しみをもって用いる語。男女ともに用い、敬意は「そなた」より軽い。
※歌謡・閑吟集(1518)「恨はなにはにおほけれど、みはわごりょをあしけれと更に思はず」

わ‐ごりょう ‥ゴレウ【我御寮・和御寮】

※歌謡・閑吟集(1518)「わごれうおもへば、安濃より来た物を、俺ふりごとは、こりゃ何事

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android