コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽い かるい

デジタル大辞泉の解説

かる・い【軽い】

[形][文]かる・し[ク]
目方が少ない。また、抵抗が小さい。「荷物が―・い」「空気より―・い気体」「ペダルが―・い自転車」⇔重い
動きに力がかかっていない。「ドアを―・くノックする」「―・い身のこなし」⇔重い
束縛感やこだわりがなくのびのびしている。「心が―・くなった」「足どりが―・い」⇔重い
浮ついている。軽率・軽薄である。「口の―・い男」「尻が―・い」

㋐たいした程度でない。「罪が―・い」「―・い病」「―・い冗談」⇔重い
㋑重要でない。重大でない。「責任が―・い」「相手を―・く見る」「事態を―・く考える」⇔重い
本格的でない。大げさでなく手軽である。「―・い食事」「―・い運動」「―・く一杯やろう」
刺激が少なくあっさりとしている。「―・いタバコ」「―・いタッチの随筆」「―・い音楽」
簡単にできるさま。容易である。「こんな問題なんて―・いもんさ」「大台を―・く突破する」
コンピューターが素早く動作するさま。コンピューターの性能に比べて負荷が小さいソフトウエアを動かす時などに、命令や処理にかかる時間が極めて短いさまを指す。「動作が―・いブラウザー」⇔重い
[派生]かるげ[形動]かるさ[名]かるみ[名]
[下接句]口が軽い尻(しり)が軽い命は義によりて軽し命は鴻毛(こうもう)より軽し死は或(ある)いは泰山(たいざん)より重く或いは鴻毛より軽し

かろ・い【軽い】

[形][文]かろ・し[ク]かるい」に同じ。
「馴染みの家をぐるぐる回って歩いているうちには、背中の荷が段々―・くなって」〈漱石
「御心のすこし―・くおはします」〈大鏡兼家

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

かるい【軽い】

コンピューターを操作しているときに、その動作や反応が素早く感じられる様子。⇔重いコンピューターの性能に比べてアプリケーションソフトの負荷が小さかったり、コンピューターネットワーク帯域幅に比べてデータ通信の容量が少なかったりすると、処理や通信にかかる時間が短くなるため、快に感じられることから。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

かるい【軽い】

( 形 ) [文] ク かる・し
目方が少ない。比重が小さい。また、そのように感じられる。 「 - ・い荷物」 「木は石より-・い」
疲れや悩みがなくて、軽快に感じられる。 「体が-・い」 「足取りも-・く家に帰る」 「謝ったら気持ちが-・くなった」
軽薄である。軽率だ。慎重でない。 「尻が-・い」 「口が-・い」 「出でていなば心-・しといひやせむ/伊勢 21
重量感に乏しく、攻略しやすい。 「 - ・い球を投げる投手」
重要でない。大切でない。 「責任が-・い」 「姫君の御おぼえなどてかは-・くはあらむ/源氏 若菜下
程度が小さい。微細だ。 「 - ・い傷」 「罪が-・い」
▽⇔ 重い
人の心に重圧感を与えない。緊張を要求しない。 「 - ・い読み物」 「 - ・い音楽」
本格的でない。あっさりしている。 「 - ・い食事」 「味が-・い」 「 - ・く一杯やる」
(多く「かるく」の形で)
力や気持ちの入れ方が小さい。ちょっと。 「 - ・くバットを合わせる」 「 - ・く会釈する」
物事をなしとげるのに苦労を要しないさま。容易だ。 「 - ・く予選を通過する」 「そんなことは彼にとっては-・いものだ」 〔平安中期には「かろし」の形も用いられるようになる〕
[派生] -げ ( 形動 ) -さ ( 名 ) -み ( 名 )

かろい【軽い】

( 形 ) [文] ク かろ・し
かるい(軽)」に同じ。 「平素よりは御口も-・く/不言不語 紅葉」 「仏・聖も罪-・きをこそ導きよくし給ふなれ/源氏 蓬生」 〔現在では、一般に「かるい」が用いられる〕
[派生] -み ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軽いの関連情報