コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戯鴻堂帖 ぎこうどうじょうXì hóng táng tiè

世界大百科事典 第2版の解説

ぎこうどうじょう【戯鴻堂帖 Xì hóng táng tiè】

中国,明末の書画家,またその理論家芸苑指導者でもあった董其昌(とうきしよう)が,1603年(万暦31)に,晋の二王(王羲之王徽之)から元の趙子昂(ちようすごう)に至る名跡を鑑定して集刻した叢帖。16巻。各帖に対する自跋も併せて刻しているうえ,各巻の内容も必ずしもまとまっておらず,佳拓も少ない。王澍は〈古今第一の悪札〉と酷評している。最後に《澄清堂帖》を刻入しているのが注目される。江戸時代,日本にも多く舶載された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

戯鴻堂帖の関連キーワード法帖

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android