戯鴻堂帖(読み)ぎこうどうじょう(英語表記)Xì hóng táng tiè

世界大百科事典 第2版の解説

ぎこうどうじょう【戯鴻堂帖 Xì hóng táng tiè】

中国,明末の書画家,またその理論家,芸苑の指導者でもあった董其昌(とうきしよう)が,1603年(万暦31)に,の二王(王羲之,王徽之)から元の趙子昂(ちようすごう)に至る名跡を鑑定して集した叢帖。16巻。各帖に対する自跋も併せて刻しているうえ,各巻の内容も必ずしもまとまっておらず,佳拓も少ない。王澍は〈古今第一の悪札〉と酷評している。最後に《澄清堂帖》を刻入しているのが注目される。江戸時代,日本にも多く舶載された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android