コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戯鴻堂帖 ぎこうどうじょうXì hóng táng tiè

世界大百科事典 第2版の解説

ぎこうどうじょう【戯鴻堂帖 Xì hóng táng tiè】

中国,明末の書画家,またその理論家芸苑指導者でもあった董其昌(とうきしよう)が,1603年(万暦31)に,晋の二王(王羲之王徽之)から元の趙子昂(ちようすごう)に至る名跡を鑑定して集刻した叢帖。16巻。各帖に対する自跋も併せて刻しているうえ,各巻の内容も必ずしもまとまっておらず,佳拓も少ない。王澍は〈古今第一の悪札〉と酷評している。最後に《澄清堂帖》を刻入しているのが注目される。江戸時代,日本にも多く舶載された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

戯鴻堂帖の関連キーワード法帖

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android