コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戸原卯橘 とはら うきつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

戸原卯橘 とはら-うきつ

1835-1863 幕末の武士。
天保(てんぽう)6年1月生まれ。筑前(ちくぜん)(福岡県)秋月藩士。文久2年寺田屋事件にかかわった疑いで謹慎処分をうける。3年脱藩,平野国臣(くにおみ)らとともに生野(いくの)の挙兵にくわわったが,敗れて同年10月14日自害した。29歳。名は継明。字(あざな)は公実。著作に「正名論」「答客弁義」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

戸原卯橘の関連キーワードグリュクスボー朝グリュックスボー朝バルザックポー(Edgar Allan Poe)トムソンリスト(Liszt Ferenc (Franz Liszt)、ピアニスト、作曲家)ジャクソン歴史小説中島名左衛門フランツ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android