コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

房山雲居寺 ぼうざんうんごじFáng shān Yún jū sì

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうざんうんごじ【房山雲居寺 Fáng shān Yún jū sì】

中国の河北省房山県の南西約25km,白帯山(石経山)の西谷にある寺院。雲居寺はまた西峪寺,西域寺と別称される。太行山脈東麓にあり,・唐から遼・金・元までの遺跡遺物が一帯に多く,歴史地理上要衝にあるが,名のおこりとなった石刻の《一切経》を蔵することで名高い。石経中もっとも大規模なもので,隋代の静琬(?‐639)が大業年中(605‐617)に法滅後に経典の残ることを期して発願し創刻した。以後も続刻された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

房山雲居寺の関連キーワードオープンウオータースイミングOWSエチオピア・エリトリア停戦協定エルサレムオゾン層火焼島カステル・ガンドルフォ喜界島クワジャリン環礁サッカラ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android