コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

房山雲居寺 ぼうざんうんごじ Fáng shān Yún jū sì

1件 の用語解説(房山雲居寺の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ぼうざんうんごじ【房山雲居寺 Fáng shān Yún jū sì】

中国の河北省房山県の南西約25km,白帯山(石経山)の西谷にある寺院。雲居寺はまた西峪寺,西域寺と別称される。太行山脈東麓にあり,隋・唐から遼・金・元までの遺跡遺物が一帯に多く,歴史地理上要衝にあるが,名のおこりとなった石刻の《一切経》を蔵することで名高い。石経中もっとも大規模なもので,隋代の静琬(?‐639)が大業年中(605‐617)に法滅後に経典の残ることを期して発願し創刻した。以後も続刻された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

房山雲居寺の関連キーワード雲居寺河北省後燕赤壁直隷東陵熱河山戎白帯房山

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone