石幢(読み)セキドウ

  • 石×幢

世界大百科事典 第2版の解説

幢は旗章を意味し,インドではこれを石面に表してストゥーパ仏殿の前に立てた。中国へは・宋時代に伝わり,蓮華座の基台の上に《仏頂尊勝陀羅尼経》を刻んだ八角の長い石柱を立て,その上に中台,仏龕(ぶつがん),笠,宝珠をのせた大理石製の石造物をつくることが流行した。日本にもこの形式の石造物が導入されたが,幢柱に経文を刻まず,地蔵信仰と結び付いて幢,仏龕ともに六角につくられ,一見石灯籠に似た小型のものが多くつくられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

石造建築物の一。六角または八角の柱状幢身と龕がん部・笠・宝珠などより成る。中国では唐代以後、日本では鎌倉末期以後に建てられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 石造建築物の一つ。六角柱または八角柱の幢身と龕(がん)部・笠・宝珠などから成る。中国のものは複雑な構成のものが多いが、日本では石灯籠の火袋(ひぶくろ)のところが仏龕になった形のものが一般的で、さらに簡略なものもある。中世の遺物が多い。〔盧綸‐酬暢当嵩山尋麻道士見寄〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android