コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石幢 セキドウ

世界大百科事典 第2版の解説

せきどう【石幢】

幢は旗章を意味し,インドではこれを石面に表してストゥーパや仏殿の前に立てた。中国へは唐・宋時代に伝わり,蓮華座の基台の上に《仏頂尊勝陀羅尼経》を刻んだ八角の長い石柱を立て,その上に中台,仏龕(ぶつがん),笠,宝珠をのせた大理石製の石造物をつくることが流行した。日本にもこの形式の石造物が導入されたが,幢柱に経文を刻まず,地蔵信仰と結び付いて幢,仏龕ともに六角につくられ,一見石灯籠に似た小型のものが多くつくられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せきどう【石幢】

石造建築物の一。六角または八角の柱状幢身と龕がん部・笠・宝珠などより成る。中国では唐代以後、日本では鎌倉末期以後に建てられた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

石幢の関連キーワード大分県豊後大野市清川町天神大分県豊後大野市千歳町柴山大分県豊後大野市三重町宮野奈良県北葛城郡王寺町本町三重県多気郡明和町斎宮大分県佐伯市直川赤木東京都立川市柴崎町朝鮮金石総覧立川(市)有漢[町]直川[村]普済寺立川市高梁市笠塔婆経幢有漢

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android