コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扁平苔癬 へんぺいたいせん

大辞林 第三版の解説

へんぺいたいせん【扁平苔癬】

手足、外陰部、胴体部などにできる、かゆみを伴う扁平状に隆起する赤紫色の丘疹。口腔内にできるものは白色樹枝状となる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

扁平苔癬
へんぺいたいせん

四肢関節の屈側、体幹、外陰部などに、淡紅色ないし紫紅色のぶどう酒様の色調で、帽針頭大からエンドウ大までの多角形状扁平隆起性の皮疹(ひしん)が、散在性ないし集簇(しゅうぞく)(密集)性に存在する皮膚疾患。ときに帯状に配列したり、融合した局面を形成することもある。通常はかゆみを伴う。20歳前後に好発し、女性にやや多い。また粘膜、とくに口腔(こうくう)内にも出現し、その場合は浸潤性の白斑(はくはん)として認められる。病因は諸説あって不定であるが、最近は薬剤、たとえば降圧剤、脳代謝促進剤、カラーフィルム現像液などによるものが多い。臨床的には、線状扁平苔癬、いぼ状扁平苔癬、鈍性扁平苔癬、水疱(すいほう)性扁平苔癬、急性扁平苔癬、色素性扁平苔癬などの特殊型を区別する場合もある。組織学的に特徴のある所見を有し、確定診断は皮膚生検による。治療は、ステロイド系外用剤によく反応することが多い。治癒後に色素沈着または色素脱失を残すこともある。[大路昌孝]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android