扇情・煽情(読み)せんじょう

精選版 日本国語大辞典「扇情・煽情」の解説

せん‐じょう ‥ジャウ【扇情・煽情】

〘名〙 感情情欲をあおりたてること。
※寄席風俗‐先代桂春団治研究(1942)〈正岡容〉「盗人に対ひ、妾の家へでも飛び込み美しい寝顔などを見たとき、ほんに泥棒はええ商売やとおもひなはるやろなあと煽情のを弄するところがある」
[補注]「扇情」は「煽情」の書き換え。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android