コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扇網 オウギアミ

デジタル大辞泉の解説

おうぎ‐あみ〔あふぎ‐〕【扇網】

扇形に開く網。四手網(よつであみ)の類。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おうぎあみ【扇網】

扇の形に開く網。四つ手網の一種。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の扇網の言及

【オウギグモ】より

…体長5mm前後のずんぐりした体形で,網の端に脚を縮めて静止していると,ゴミがついているように見える。網は扇網(おうぎあみ)と呼ばれ縦糸4本,横糸10~20本からできている。クモは扇のかなめに当たる部分から引かれた1本の糸に静止し,第4脚でその糸をたぐっているので,網全体がクモのほうに引き寄せられた状態になっている。…

※「扇網」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

扇網の関連キーワードオウギグモ四つ手網扇形

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android