コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四つ手網 ヨツデアミ

世界大百科事典 第2版の解説

よつであみ【四つ手網】

正方形の網の四隅に湾曲させた竹や木を十文字に結び,その交点に綱または張出しの竹棒をつけ,上下できるようにした漁具。網目は捕獲魚種により異なるが,おもに河川,河口,湖沼での小規模漁業に用いられてきた。網の大きさはだいたい2~5mほどの小形のものが多く,フナ,白魚,エビ,ボラ,小雑魚を捕獲対象とする。抄網(すくいあみ)の進化した敷網に属し,漁夫1~2名が陸岸とか小船や浅海の高床小屋から,この網を魚の通過点,集魚地の水底に敷設し,一定時間後引き揚げて中の魚類を捕獲する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

よつであみ【四つ手網】

敷網の一。正方形の網の四隅を十文字に渡した竹などで張り、その交点に、ひも、または差し出し棒をつけたもの。水底に沈めておき、引き上げて魚をすくい取る。四つ手。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の四つ手網の言及

【漁具】より

…カレイ・ヒラメ類などの底魚や貝類,また底層・中層を群泳するアジ,タイ,イカ類,エビ類などがおもな漁獲対象である。 敷網類(敷網漁業)はあらかじめふろしきのような網を水中に沈めておき,餌・集魚灯などで網の上に魚群を誘導し,これをすくいとるもので,小さな四つ手網から各種棒受網,四艘(しそう)張網,八手(はちだ)網など大きいものまである。大きな敷網類はいずれもイワシ,アジ,サバなど群れをなして行動する魚種を対象とするが,現在,この漁具を使う漁業で最も重要なのはサンマ棒受網(棒受網漁業)である。…

【敷網漁業】より

…網の形も円形,箕(み)状,方形などさまざまだが,大規模なものは方形あるいは台形が普通である。小さな四つ手網から多数の船を用いる多艘(そう)張網まで形状・規模はさまざまだが,魚群が網に乗るのを待つ消極的な漁法なので徐々にすたれ,とくに大型の多艘張網は行われなくなった。現在最もさかんなのは集魚灯を用いるサンマ棒受網(棒受網漁業)で,サンマの漁獲のほとんどはこの漁法によるものである。…

※「四つ手網」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

四つ手網の関連キーワード掬い網・抄い網シラウオ八つ手網掬い網四つ手正方形扇網

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四つ手網の関連情報