手くだり(読み)てくだり

精選版 日本国語大辞典「手くだり」の解説

て‐くだり【手くだり】

〘名〙
※天理本狂言・骨皮(室町末‐近世初)「先度、ししゃう坊主の、よそへ、さいていかれたればと云て、から笠のてくだりを、みな云也」
② 手さばき。手ぶり。また、技量、技巧。
※俳諧・芭蕉桃青翁御正伝記(1841)貞徳翁十三回忌追善俳諧「防矢を軍みだれの折からに〈正好〉 いとも静な舞の手くだり〈蝉吟〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

羂索

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android