手管(読み)てくだ

精選版 日本国語大辞典「手管」の解説

て‐くだ【手管】

〘名〙
① 人を操り動かす技術。巧みにだます手段、術策。特に、遊女が客をたらしこみ操る技術。手練(てれん)。てくだり。てくら
評判記赤烏帽子(1663)中川金之丞「手くだ少はならはれたるとみゆれとも、気の弱きにひかれ、思ふやうにゆかざる事」
世草子・けいせい伝受紙子(1710)五「女郎の手管(テクダ)といふ、おそろしき仕掛のある」
② (━する) 女が他の男と情交をもつこと。また、その男。情夫。間男。手管男。
※評判記・難波物語(1655)「判云、あるひはだんな、あるひはあげやと手くだする人もあまたなるに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「手管」の解説

て‐くだ【手管】

人をだます手段。人をあやつるかけひき。特に、遊女などが客をたらしこむ手際手練てれん。「手管ろうする」「手練手管
情夫。間男まおとこ
「本の(=本物ノ髪、)は―の男につかはし」〈浮・一代男・四〉
[類語]手練詐術手品

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android