コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手管 テクダ

デジタル大辞泉の解説

て‐くだ【手管】

人をだます手段。人をあやつるかけひき。特に、遊女などが客をたらしこむ手際。手練(てれん)。「手管を弄(ろう)する」「手練手管
情夫。間男(まおとこ)。
「本の(=本物ノ髪、爪)は―の男につかはし」〈浮・一代男・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

てくだ【手管】

人をうまく操ったり、ごまかしたりする方法・技術。 「手練-」
遊女が客をたらし込む技術。手練。
遊女が情夫を持つこと。また、その情夫。間夫まぶ。 「本のは-の男につかはし/浮世草子・一代男 4

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

手管の関連キーワードたきつけ・もえくゐ・けしずみ傾城買四十八手クレオパトラ宿屋の女主人大悲千禄本傾城禁短気半銭・寸半奥州(2)かけのめす手練手管唐人殺し打ち殺す愛の技術浮世草子辰巳婦言遊仙窟洒落本パミラ塡まり如意輪

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

手管の関連情報