手に当たる(読み)てにあたる

精選版 日本国語大辞典「手に当たる」の解説

て【手】 に 当(あ)たる

にさわる。手にふれる。また、手近にある。
古本説話集(1130頃か)五八「なににまれ、かにまれ、てにあたらん物をとりて、捨てで持たれ」
相手としてたたかう。
読本春雨物語(1808)樊噲上「手に当らずして蹴たをされたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android