コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手まり(鞠) てまり

1件 の用語解説(手まり(鞠)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

手まり(鞠)【てまり】

糸を巻いて作ったまり。それを使ったまりつき,まり遊びのこと。今日のようにまりを手で地面につくようになったのはずっと後のことで,初めは蹴鞠(けまり)と同じように,まりを空中につき上げていたらしい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

手まり(鞠)の関連キーワードサンタマリアタマリン温泉卵玉垂れ溜まり水水溜まり板毬凹溜まりサンタマリア号溜まり醤油

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone