ぜんまい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ぜんまい
ぜんまい
spring

薄い帯状の金属を渦状に巻いたもの。発条(はつじょう)、渦巻ばねともいう。巻き締めて弾性エネルギーを蓄え、ゆるもうとする力を利用して動力とする。通常、時計、玩具(がんぐ)などを動かす動力として使用している小動力用の小さなばねをいう。材料としては、ステンレス鋼や炭素工具鋼が用いられる。[中山秀太郎・清水伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぜんまい

〘名〙 槍(やり)の一種。柄に穂先を固定する目貫穴がなく、穂の下端、中子の部分を曲げて取りつけた槍。印字槍。また、その槍の中子の曲げて固定した部分をいうとも。〔随筆・安斎随筆(1783頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ぜんまいの関連情報