ぜんまい

百科事典マイペディアの解説

ぜんまい

渦巻ばねとも。薄い板金(いたがね)を圧延方向に一定幅に裁断してらせん状に巻いたばね。巻きあげて弾性エネルギーを保存し,ほどける力を利用する。材料は鋼,エリンバーなど。玩具の動力などに利用される。
→関連項目渦巻ばねばね振子時計

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ぜんまい
ぜんまい
spring

薄い帯状の金属を渦状に巻いたもの。発条(はつじょう)、渦巻ばねともいう。巻き締めて弾性エネルギーを蓄え、ゆるもうとする力を利用して動力とする。通常、時計、玩具(がんぐ)などを動かす動力として使用している小動力用の小さなばねをいう。材料としては、ステンレス鋼や炭素工具鋼が用いられる。[中山秀太郎・清水伸二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ぜんまいの関連情報