コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

手ブレ補正機構 てふれほせいきこう,てぶれほせいきこう

1件 の用語解説(手ブレ補正機構の意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

手ブレ補正機構

 手ブレによる画像のボケを防ぐために、レンズないしボディのなかに光軸のズレを補正するメカニズムを組み込んだもの。これによって手ブレが起きやすい条件下でもブレを補正したシャープな写真が得られる。とはいえ、その効果は絶対ではなく、絞りで2~4段分と言われている。キヤノンEFレンズに搭載される IS 、ニコンのAFレンズに搭載される VR 、パナソニックMEGA O.I.S.ペンタックスのデジタルカメラに搭載される SR 、オリンパスのデジタルカメラに搭載される iS 、シグマのレンズに搭載される OS 、タムロンのレンズに搭載される VC などがそれ。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

手ブレ補正機構の関連キーワード定着液雪覆い後暈け掛襟砂防林手ぶれ手ぶれ補正前暈け

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

手ブレ補正機構の関連情報